音と、暮らす。〜防音室のある家〜 » 防音室づくりの基礎知識 » 主な防音工事の種類と内容

主な防音工事の種類と内容

一口に「防音工事」とは言っても、具体的に、どのような部分にどのような工事を行うのかをご存じの方は、少ないのではないでしょうか?ここでは、主な防音工事の種類や内容についてご紹介しています。マンション、戸建て、施設などの音漏れ対策をお考えの方は、ぜひ参考にしてください。

防音工事の内容

防音工事には様々な種類がありますが、一般的なマンションや戸建て、施設などの防音工事であれば、まずは「壁」「床」「天井」「窓」の4箇所をメインに施工することとなります。

これら4箇所は、防音工事における基本部分。騒音のレベルや防音目的にもよりますが、これらのうち1箇所でも工事が欠けた場合には、防音効果が不完全になる可能性がある点に注意しましょう。

壁の防音工事

壁の防音工事では、遮音材と吸音材を併設することが基本となります。

遮音材とは、その名の通り音を遮る(さえぎる)素材のこと。石膏ボードや鉛シートなど、固いものが遮音材に使われています。

吸音材とは、音を吸収する素材のこと。グラスウールやロックウールなど、柔らかめの素材が吸音材となります。

壁に接するように遮音材を設置し、その上に吸音材を貼るという順で、何重かの層にすることで高い防音効果を発揮します。

なお、遮音材や吸音材の設置によって音響が悪くなることもあるので、工事する際には、あらかじめ音響状態の変化を確認するようおすすめします。防音工事を行っている業者の中には、専門的に音響状態の確認をしながら工事を行うところもあるようです。

床の防音工事

マンションでは、階下の住人に音で迷惑をかけないよう、床に防音工事を行うことも一般的です。裸のフローリングに比べれば、その上にカーペットを敷くだけでも、階下への高い防音効果が生まれますが、走り回るお子様の足音や楽器、オーディオなどの音を防止したいならば、カーペット以外の対策も必要でしょう。

床の防音工事の基本は、遮音材の設置です。フローリングの下に遮音材を仕込んだり、遮音性能のあるフローリングに変更したりすれば、高い防音効果が期待できます。

なお、遮音フローリングには「L値」という基準があり、その数値が高ければ高いほど防音性能が高まります。「LL-40」や「LL45」レベルの遮音フローリングを選べば、子供の走り回る程度の音なら大幅に軽減することができるでしょう。

天井の防音工事

階上の住人に音で迷惑をかけないためには、天井の防音工事が必要となります。あるいは、日頃から階上の生活音が気になる方の中には、防衛的な意味で天井の防音工事を行う方もいることでしょう。

天井の防音工事で用いられる素材は、壁と同様に、遮音材や吸音材が一般的。ただし、あまり重い素材を設置すると落下事故の危険性もあることから、無理な施工は好ましくありません。しっかりとした知識と経験のあるプロの業者に相談することが大切です。

窓の防音工事

壁や床、天井などに比べても、窓は特に音漏れしやすい部分。窓のない部屋を防音したいなら特に工事は必要ありませんが、防音したい部屋に窓があるならば、防音工事は必須となるでしょう。

窓の一般的な防音工事は、窓を二重にすること。既存の窓が1枚式の場合には、2枚式にすることで大きな防音効果が期待できます。他にも、二重ガラスを使用したり高性能サッシを設置したりなど、様々な窓の防音対策があります。防音工事を行ったうえで、厚手の防音カーテンを吊るせば、さらに効果が高まるでしょう。

防音工事の種類・内容についてのまとめ

ホームセンターなどに行くと、防音効果のある素材やグッズがたくさん販売されています。それらを購入してDIYで防音対策を行うことも可能ですが、DIYでの防音対策だけでは、効果に限界があることも理解しておきましょう。

子供の足音やオーディオ、ホームシアター、楽器などの音漏れをきちんと防ぎたい方には、専門業者にしっかりと防音工事をしてもらうことをおすすめします。

Couerage cooperation
取材&協力
取材&協力
株式会社 KOTOBUKI
取材&協力

オーディオルーム・シアタールーム・演奏室などの防音・音響事業を手がける。

豊富な知識と経験を活かし、利用者のライフスタイル・用途に合わせた、数々の音響防音空間を実現。

防音室を作りたい場所の下見・見積もりまでは全国どこでも無料。ロック魂で駆けつけます。

               

株式会社KOTOBUKIに
電話で相談してみる

一級建築士&防音室を探求し続ける
庭瀬寿洋
                   

ハウスメーカーで現場監督経験を積んだあと、2000年に解体業を経営する家業に入り、ハウジング事業を立ち上げる。

学生の頃から趣味としていたドラム・オーディオを活かした音響防音事業をスタート。「止められない音はない。音響特性にこだわる音でお役に立つ」をモットーに、365日、防音室の探求に励む。

庭瀬寿洋

引用元:SUPER CEO
https://superceo.jp/indivi/focus/i60604-2