音と、暮らす。〜防音室のある家〜 » 防音室づくりの基礎知識 » マンション 防音工事

マンション 防音工事

マンション暮らしをしていると、騒音が気になることがあるものです。しかし、その逆に、時には自分自身が騒音の原因ということも……。騒音トラブルを防ぐためにも、楽器や音楽を楽しみたい方は、防音工事を考えてみてはいかがでしょう。

マンションに防音工事をするってどういうこと?

1つの建物を区切って使用されるマンションは、一戸建ての住宅よりも音漏れにはシビアな環境です、建材を伝わって隣の部屋どころか階下や上の部屋まで音が響いてしまいます。

部屋で楽器や音楽を思う存分楽しみたい……と、思っていたとしても、断念せざるを得ない場合もあります。

しかし、防音室などの音漏れ対策をほどこせば、たとえマンションであっても周りを気にすることなく楽器を弾くことができるのです。

防音工事できるマンションって?

マンションにおける防音工事は可能ですが、全ての部屋がそうとは限りません。

防音工事をする前に、まずはマンションの管理規約でリフォームを行えるかどうか必ず確認しましょう。マンションによっては、そもそもリフォーム不可のところもあるからです。また、賃貸マンションの場合、より防音工事へのハードルは高くなります。

さらに、マンションには部屋の重さに制限があることから、ドラムにも対応できる遮音性の高い防音室は2階以上には設置できません。

マンションの防音工事の費用相場ってどのくらい?

マンションに防音室を作る場合、本格的になればなるほど防音工事も高くつきます。

一室丸ごとリフォームするなら一般的には200~300万円。これがドラムにも対応した防音室だと倍の400~600万円はかかることになります。
組み立て式防音室を導入するなら50~230万。しかし、ドラム対応だと260~300万円と、やはり費用は跳ね上がります。
部屋に吸音材や遮音シートをほどこしても、17~30万円は必要です。

マンションの施工事例

音響にもこだわったギター用の防音室

マンション施工事例01

画像引用元:https://www.living-withsound.net/guitar/apartment_guitarroom.html

マンションの一室でありながら、ライヴハウスにも引けを取らない防音性を備えた一室。しかも防音室とは一見すると思えないスタイリッシュで軽やかな内装であることもポイントです。

ただし性能だけに気を取られることなく、音響性能もしっかりしていないと防音室の意味はありません。

こうした防音室を作る際はやや吸音性を高くして、防音工事後に機材や楽器から出る音を聴き、音響調整を繰り返しながら本当の防音室が完成します。

防音室なら自宅でバンドとセッションも可能

マンション施工事例02

画像引用元:https://www.living-withsound.net/guitar/apartmentguitar.html

こちらの防音室は、深い赤色をした壁が印象的。依頼者から、夜中にバンド仲間と楽器を演奏してもほかの部屋で寝ている家族を起こしたくない……というリクエストで、スタジオとして施工されました。

スタジオ内ではギターに合わせてドラム演奏もされています。防音室だからこそ可能なセッションだと言えるでしょう。

壁にはスピーカーも配置され、限られたスペースでありながら本格的に音楽を楽しむことができます。

Couerage cooperation
取材&協力
取材&協力
株式会社 KOTOBUKI
取材&協力

オーディオルーム・シアタールーム・演奏室などの防音・音響事業を手がける。

豊富な知識と経験を活かし、利用者のライフスタイル・用途に合わせた、数々の音響防音空間を実現。

防音室を作りたい場所の下見・見積もりまでは全国どこでも無料。ロック魂で駆けつけます。

               

株式会社KOTOBUKIに
電話で相談してみる

一級建築士&防音室を探求し続ける
庭瀬寿洋
                   

ハウスメーカーで現場監督経験を積んだあと、2000年に解体業を経営する家業に入り、ハウジング事業を立ち上げる。

学生の頃から趣味としていたドラム・オーディオを活かした音響防音事業をスタート。「止められない音はない。音響特性にこだわる音でお役に立つ」をモットーに、365日、防音室の探求に励む。

庭瀬寿洋

引用元:SUPER CEO
https://superceo.jp/indivi/focus/i60604-2