音と、暮らす。〜防音室のある家〜 » ベース防音室 » 世界で一台のベースを奏でる防音室

世界で一台のベースを奏でる防音室

ベース専用の防音室

その他のベースのための防音工事の事例はこちらに掲載をしています。

庭瀬寿洋さん
一級建築士
庭瀬寿洋
ページ監修者

ハウスメーカーで現場監督経験を積んだあと、2000年に解体業を経営する家業に入り、
ハウジング事業を立ち上げる。

学生の頃から趣味としていたドラム・オーディオを活かした音響防音事業をスタート。
「止められない音はない。音響特性にこだわる音でお役に立つ」をモットーに、365日、防音室の探求に励む。

onlybass1

"良音"を前提とした防音

今回旭化成ホームズ様新築の2階に施工した防音工事のテーマは良音で防音が出来ること主にエレキベースを演奏されるオーナー様からのご依頼です。

エレキベースは低音が出る楽器です。低い音は高い音に比べて屋外まで響きやすい

ために、騒音問題を起こしやすいものです。

また、低音は部屋の大きさや壁、家具などによる吸音の具合によって聴こえ方が大きく異なります。

そうした内容を踏まえ、万全の防音はもちろんのこと、ご好評を頂いている音響調整をエレキベースに特化した内容で施工いたしました。

onlybass2

二重扉などを駆使した完全防音

ライブハウスやリハーサルスタジオを訪れたことがある方はご存じだと思いますが、そのような防音が必要な施設に設置される扉には堅牢な二重扉を使用します。今回の事例においてもその要件は同様で、KOTOBUKI設計製作の防音扉を2つ用意いたしました。

さらに、特に低音の防音を目的としているということで今回は下の階にも防音・防振の工事を施工いたしました。低音は音が伝わりやすい他にも振動が大きく伝わりやすいという特徴があります。今回の工事ではそうした影響が部屋の外に一切伝わらないような方法を採りました。

ちなみにカラーは内側の扉は赤、外側の扉は白、と壁に合わせて仕上げました。

onlybass3

音楽鑑賞やDTMにも素敵な環境

そうした環境が部屋単位で整えられているのは音楽家にとってこれ以上ないほどに心強いものだと思います。

正しい音がモニターできる環境が整えられているため、普段の音楽鑑賞も通常ではありえないほどの質の高さで行えます。まさに音を楽しむための空間がここにはあります。

onlybass4

本当にいい音を自宅で楽しむ環境

設置されているアンプ類は何れも100人以上のオーディエンスに向けてステージを行う際にも問題のない出力を持ちます。これだけ大きなシステムは通常一般の生活環境ではとても使えないのですが、この部屋では違います。

システムが本領を発揮する大きさまで音量をあげたとしても部屋が飽和して低音が回ってしまうようなことはなく、美しい音が聴けます。

ものによっては数百万円を超えるエレキベースが本当に本領を発揮できるのは、大きなライブハウスやプロ仕様のスタジオだけです。しかし、その本当に良い音が自宅でこのように楽しめる環境は、多くのベース好きから羨望のまなざしを向けられることを避けられません。イコライザーもフラットで演奏出来ます。

Couerage cooperation
取材&協力
取材&協力
株式会社 KOTOBUKI
取材&協力

オーディオルーム・シアタールーム・演奏室などの防音・音響事業を手がける。

豊富な知識と経験を活かし、利用者のライフスタイル・用途に合わせた、数々の音響防音空間を実現。

防音室を作りたい場所の下見・見積もりまでは全国どこでも無料。ロック魂で駆けつけます。

               

株式会社KOTOBUKIに
電話で相談してみる

一級建築士&防音室を探求し続ける
庭瀬寿洋
                   

ハウスメーカーで現場監督経験を積んだあと、2000年に解体業を経営する家業に入り、ハウジング事業を立ち上げる。

学生の頃から趣味としていたドラム・オーディオを活かした音響防音事業をスタート。「止められない音はない。音響特性にこだわる音でお役に立つ」をモットーに、365日、防音室の探求に励む。

庭瀬寿洋

引用元:SUPER CEO
https://superceo.jp/indivi/focus/i60604-2