音と、暮らす。〜防音室のある家〜 » 音楽教室の防音工事

音楽教室の防音工事

こちらのページでは、音楽教室を運営したい方が考えておきたい防音工事や防音対策について紹介しています。どのような防音対策が求められるのかを確認しておきましょう。

音楽教室に求められる音響条件

音楽教室を自宅で行う場合には、防音対策を行う必要があります。考えられる防音対策や、防音対策に使えるアイテムなどについてご紹介していきます。

吸音材・遮音材

まず、外部への音漏れを防ぐ場合には吸音材や遮音材を使用するという方法があります。これらは壁に貼り付けることによって隙間からの音漏れを防ぎます。そのため、隙間なく壁に貼り付けるという点が大切です。音の響き方によっては部屋全体に設置するということも考えられます。

さらに、防音だけを意識するのではなく、音楽教室であることから音環境も整えることも大切なポイントになってきます。反響音を抑えることによって音がクリアになるので、適切な設置が必要になってきます。

防音マットの設置

ピアノ教室などを経営する場合には、ピアノ用の防音マットを取り入れることによって防音効果を高めることができます。

ピアノの場合には空気を伝わる音と、打鍵音などの振動である固体音の2つへの対策が必要となってきますが、たとえば空気音はアップライトピアノでは背面に響きやすいですし、グランドピアノの場合には下に響きやすいという特徴があります。また、固体音はピアノとの接地面である床がもっとも振動の影響を受けます。このことから、床に防音マットなどを敷いて床から伝わる音を防ぐ必要があるといえるでしょう。

また、防音マットを敷くと床が傷つきにくくなるというメリットもあります。

防音カーテン・二重窓

音楽教室は明るい雰囲気の中で行いたいと考える場合には、その空間に窓を設ける場合もあるでしょう。しかし、窓からも音漏れが起きるため気を配る必要があります。手軽にできる防音対策としては、防音カーテンを利用することが考えられます。防音カーテンは中高音域に効果を発揮できるとされています。防音カーテンを利用する場合には、窓の幅・大きさよりも大きめの防音カーテンで窓全体を覆うように設置しましょう。

また、防音カーテンのみでは音漏れがするという場合には二重窓を設置するという選択肢もあります。二重窓と防音カーテンを組み合わせることによって、部屋の外への音漏れはかなり防げると考えられます。ただ、場合によっては壁を一度壊してからでないと設置できないケースもあるため、音楽教室を経営する予定がある場合にははじめから二重窓を設置しておくことが理想的といえるかもしれません。

防音ドア

防音対策を行う時には、防音ドアの設置も検討すると良いでしょう

これは、音は隙間から漏れていくためです。隙間テープを用いるという方法も考えられますが、音を出す時に毎回ドアにテープを貼るのは現実的ではありませんので、重量があり、隙間もしっかりと防げる防音ドアを利用するのが理想的です。

防音性能はどのようなドアを使用するかによって異なりますので、よくチェックすると良いでしょう。

簡易防音室の設置

上記では自分でできる防音対策をご紹介してきましたが、長期的に音楽教室を行いたいと考える場合には、防音室または簡易防音室の導入がおすすめです。

簡易防音室は組み立て式となっており、部屋の中に設置する形で使用します。広さはさまざまなものがありますが、どうしても窮屈な感じになってしまうことがデメリットであるといえます。

また、やはり本格的な防音室を検討したいと考える場合もあるでしょう。既存の部屋の工事によって防音室を作ることもできます。この場合には、業者への相談が必要となってきます。

音楽教室の防音対策について

音楽教室を運営したい場合には、まず近所迷惑にならないということが大切です。生徒が多ければ多いほど楽器の音がなる時間が長くなりますし、平日に学生を対象として教室を開く場合には、夕方から遅い時間にかけて楽器の音を出すことになるため、防音対策が非常に大切になってきます。

たとえば、ピアノ教室の場合に目安となる遮音性能は、「ピアノの音が小さく聞こえる程度」を示す「D-55」から、「ピアノの音がかすかに聞こえる程度」の「D-55」程度が必要といえるでしょう。

音楽教室についてのまとめ

音楽教室を運営したい場合に考えなければならない防音対策について紹介してきました。音楽教室ではどうしても音を出すことになるため、ご近所とのトラブルを予防するためにもしっかりと対策をしておく必要があるといえるでしょう。 もししっかりとした防音室を作りたいと考えているのであれば、専門的な知識と技術のある業者に相談することがおすすめです。

Couerage cooperation
取材&協力
取材&協力
株式会社 KOTOBUKI
取材&協力

オーディオルーム・シアタールーム・演奏室などの防音・音響事業を手がける。

豊富な知識と経験を活かし、利用者のライフスタイル・用途に合わせた、数々の音響防音空間を実現。

防音室を作りたい場所の下見・見積もりまでは全国どこでも無料。ロック魂で駆けつけます。

               

株式会社KOTOBUKIに
電話で相談してみる

一級建築士&防音室を探求し続ける
庭瀬寿洋
                   

ハウスメーカーで現場監督経験を積んだあと、2000年に解体業を経営する家業に入り、ハウジング事業を立ち上げる。

学生の頃から趣味としていたドラム・オーディオを活かした音響防音事業をスタート。「止められない音はない。音響特性にこだわる音でお役に立つ」をモットーに、365日、防音室の探求に励む。

庭瀬寿洋

引用元:SUPER CEO
https://superceo.jp/indivi/focus/i60604-2