音と、暮らす。〜防音室のある家〜 » オーディオルーム

オーディオルーム

オーディオルーム
一人だけの
コンサートホール

こだわりぬいた機材から発せられる音をグレードダウンさせることなく、むしろアップさせて響かせる。

それでいて音漏れは一切気にしないでいい。

当サイトでは、そんな至高のオーディオルームを探求しています。

どれだけ極上の機材をそろえても、部屋の音響次第で台無しになることもあれば、数ランク上になることもあります。

以下では、音漏れとは無縁で、かつ理想の音を響かせるオーディオルームの施主さんや、施工会社に本当の防音室とは、どのようにできるのか、以下のページで話を聞いています。

庭瀬寿洋さん
一級建築士
庭瀬寿洋
どこに座るかで
音響調節も変わる

オーディオルームの施工は、本当に難しいです。

音の種類や高低、美しいオーケストラなのか、激しいロックなのか、どんな音でも最高に持って行くには、座る場所に合わせたミリ単位の調整が必要です。

「防音室を施工しただけ」では、完成度としては50%。防音室を施工し、お客様が機材や家具を搬入してからの音響調整が完成度の半分を占めると考えてください。

そのため、弊社では音響調節は施工の範囲内と考え、サービスで伺い、実際に音楽を流しながら、音響パネルの位置、枚数などを綿密に調整しています。

YouTubeチャンネルでも、その音響調節の一部を観ていただくことができるので、興味がある方はぜひ!

オーディオルームの施工は、本当に難しいです。

音の種類や高低、美しいオーケストラなのか、激しいロックなのか、どんな音でも最高に持って行くには、座る場所に合わせたミリ単位の調整が必要です。

「防音室を施工しただけ」では、完成度としては50%。防音室を施工し、お客様が機材や家具を搬入してからの音響調整が完成度の半分を占めると考えてください。

そのため、弊社では音響調節は施工の範囲内と考え、サービスで伺い、実際に音楽を流しながら、音響パネルの位置、枚数などを綿密に調整しています。

YouTubeチャンネルでも、その音響調節の一部を観ていただくことができるので、興味がある方はぜひ!

オーディオルームを
自作するのに
必要なアイテム

さまざまな防音グッズが発売されていますが、残念ながらどれも完璧に音を防ぐのは難しいものか、音が変わってしまうものかばかり。

とはいえ、まずは自分の家や周辺環境合った防音グッズを探してみるのがいいでしょう。

吸音材・遮音材

オーディオルームからの音漏れを防ぐには、壁に吸音材や遮音材を貼りつけるのが効果的です。

音は隙間から漏れていくため、吸音材・遮音材を設置する際は「隙間なく」貼るのが基本。

隣室への音漏れが気になる壁にだけ貼りつけるという手段もありますが、音の響き方によっては部屋全体に設置する必要も出てきます。

また、防音だけを意識してしまうと音の響きが悪くなってしまうため、防音対策と同時に音環境を整えることも大事。適切に設置すれば、反響音が抑えられて音がクリアになるといったメリットもあります。

防音マット

オーディオルームには大型のスピーカーを設置することが多く、そこから発生する重低音が騒音の原因となるケースも少なくありません。

とくに木製のフローリングにスピーカーを置くと振動が床に伝わり、固体伝播音となって建物全体に広がってしまうのです。

こうなると階下だけでなく、隣室や上階への音漏れも懸念されるため、防音マットを床に敷くことで対策をおこないましょう。

音は隙間から漏れて伝わっていくので、防音マットは床の全面に敷き詰めることが重要。とくに重低音が出るスピーカーの下には、さらに厚地のマットなどを重ねると良いでしょう。

防音カーテン

そもそも、本格的なオーディオルームを作りたいなら、カーテンは選択肢には入らないと思いますが、お部屋の都合などでオーディオルームに窓がある場合、窓からの音漏れにも気を配る必要があります。窓の音漏れ対策として手軽なのは、カーテンを防音カーテンに変えること。

窓の幅や高さよりも大きめの防音カーテンを購入し、窓全体を覆うように設置するのがポイントです。

ただし、製品にもよりますが防音カーテンが効果を発揮するのは中高音域で、低音域の防音には効果が薄いとされています。

そのため、オーディオルームに設置する防音カーテンはできるだけ厚みのあるものを選ぶか、防音レースカーテンと2重で取りつけるようにしましょう。隙間ができないようにピンなどで留めるのも効果的です。

二重窓

防音カーテンだけでは音漏れしてしまう…という場合は、二重窓を設置するという方法があります。二重窓とは、既存の窓にもうひとつの窓(内窓)を設置すること。

サッシの状態によっても異なりますが、二重窓にすることで25~30dBほどの防音効果が見込めるとされています。

二重窓に防音カーテンをプラスすれば、室外への音漏れはかなり防げるでしょう。ただし、壁や床を伝ってくる振動音は防げません。

また、サッシによっては壁を壊して取り換えなければならないため、大掛かりなリフォームが必要となることもあります。そこまでするなら、防音室を施工してしまうのが良いかもしれません。

防音ドア

音は隙間から漏れるため、部屋の外への防音対策は窓、同じ住居内への防音ではドアに注意する必要があります。

隙間テープなどでドアの隙間をふさぐだけでも効果は高まりますが、「家族に迷惑をかけずに、大音量で音楽を楽しみたい」といった場合は、防音ドアへの交換をおすすめします。

防音ドアは一般的なドアよりも重量があり、隙間についても気密パッキンでキッチリ固定できるのが特徴。

防音性能は製品によって異なりますが、オーディオルームの音が90dbであるとすれば、30db防音のドアを設置することで60db(テレビの音レベル)まで音を抑えることができます。ただし性能が高くなるほど高価になり、工事費も別途かかります。

吸音材

吸音材とは、スピーカーなどから出る音を吸収し、反響音を軽減させる素材。主に壁に貼りつけて使用します。

ひとくちに吸音材と言っても、その種類はさまざまです。スポンジ(フォームタイプ)・ウール素材・ヘルムホルツ共鳴器タイプ・振動板タイプなどがあり、それぞれで音質が変わってきます。

そのため、オーディオルームに吸音材を設置する際には、自分がよく聴く音楽のジャンルや、部屋の環境を考慮しながら選ぶことが重要です。ちなみに正しく吸音材を使用することには、「不要な反射音が減る」「音がクリアになる」「大きい音のこもりがなくなる」といったメリットもあります。

マンションにおける
オーディオルームの
防音対策

せっかくオーディオルームを作るのであれば、やはり「大音量で音楽を楽しみたい」「周囲に気兼ねなく音楽を聴きたい」と思うものでしょう。しかし、マンションの住民トラブルでもっとも多いのは騒音です。

オーディオルームには大型のスピーカーを置くことが多いと思いますが、このスピーカーから出る音は80~100dbと言われています(スピーカーのメーカーや音楽ジャンルによっても異なる)。環境省が定める住居地に適した音の基準は、昼間55db以下・夜間45db以下なので、マンションでオーディオルームを作るのであれば防音対策は必須と言えます。

オーディオの音は空気を介して伝わる空気伝播音と思われがちですが、スピーカーの底部から発生する振動は固体伝播音として床へ伝わります。とくに重低音が出るスピーカーは騒音となりやすいため、部屋全体にしっかりとした防音対策を講じる必要があります。

その他の防音室の紹介

Couerage cooperation
取材&協力
取材&協力
株式会社 KOTOBUKI
取材&協力

オーディオルーム・シアタールーム・演奏室などの防音・音響事業を手がける。

豊富な知識と経験を活かし、利用者のライフスタイル・用途に合わせた、数々の音響防音空間を実現。

防音室を作りたい場所の下見・見積もりまでは全国どこでも無料。ロック魂で駆けつけます。

               

株式会社KOTOBUKIに
電話で相談してみる

一級建築士&防音室を探求し続ける
庭瀬寿洋
                   

ハウスメーカーで現場監督経験を積んだあと、2000年に解体業を経営する家業に入り、ハウジング事業を立ち上げる。

学生の頃から趣味としていたドラム・オーディオを活かした音響防音事業をスタート。「止められない音はない。音響特性にこだわる音でお役に立つ」をモットーに、365日、防音室の探求に励む。

庭瀬寿洋

引用元:SUPER CEO
https://superceo.jp/indivi/focus/i60604-2